車を所持している人の利用頻度や目的は違います。利用状況が違っていても、保険料が同じというのが、従来の自動車保険でした。しかし、最近ではライフスタイルや車の使い方等の要素を反映してくれる保険会社が増え、そういう保険会社への自動車保険の変更を検討するユーザーも増えてきています。
要素の一つである用途とは、自動車を自家用、営業用(事業用))のどちらで使用するかということです。
もし、仕事で使っているのに保険料が安いからといって安易に家庭用として申告して契約した場合、「告示義務違反」として保険契約の解除(無効)をいわれる可能性が高くなります。安易な気持ちでしたことが、保険が下りないという大変な事態になるので、申告は必ず正しく行ってください。
また車種とは、自動車の種類の区分(普通乗用車、小型乗用車、小型貨物車、小型ダンプカー、バス等)自家用8種にわかれています。自動車の構造、大きさに応じた危険度を反映させるために車種によって保険料率を区分しています。
他にも運転免許証の色や年間最大走行距離、お住まいの地域、年齢等保険料が変わる要素がありますが、ライフスタイルに合った保険選びが大切になってくるでしょう。