運転歴は長いほうが良い?

| 未分類 |

運転歴は長い場合であっても、違反や事故ばかりしていれば運転免許証の色がずっとブルーのままなので、運転のことに関して言えば信頼性には欠けることになります。
そのため、運転免許証の色で判断されることになりますが、かつてはシルバーがありましたが今ではグリーン、ブルー、ゴールドという具合に分かれています。グリーンは最近できたもので、免許取り立ての人の場合この色になります。グリーンの色については免許証を初めて取得した人で、その有効期間が免許を取得した日から3回目の誕生日の1カ月後までと定められています。つまりこの後ブルーになるということになります。
この色の変化については、その免許証の間に違反や事故などがないかどうかで変わってきます。具体的には運転免許証の有効期間が満了する年の誕生日の40日前を起算日として考えることになり、この日より過去5年間で無事故無違反かどうかということになります。つまり更新年の誕生日から、前5年間ではないということです。この判断を免許の更新時に行って運転免許証の更新がなされ、その免許証における色が決まるという仕組みになっています。
無事故無違反で次の更新を受けられるように努力することも大切です。