保険契約者が保険者の給付に対して支払う代償の料金は料率区分よって定められています。
料率区分の説明をすれば、保険に加入する当該車両が自家用か業務用の用途のどちらかであるかを区分し、乗用車であれば軽4輪・小型・普通で、尚且つ積載量が500kg未満、普通貨物車であれば積載量500kg以上2000kg以下の普通貨物車、特殊用途自動車に分けられます。
料率には型式別料率クラスというものもあり、車検証に記載されており当該車両の型式に応じて料率1から9までのクラスに区分されます
事故の発生状況や発生回数により違い、事故発生が多い型式の車では高いクラスへ区分され、事故発生の少ない型式の車は低いクラスの区分がされます。
料金は1が最も安く9が最も高く設定されます。

車は初年度登録から経過年数が多いほど故障の懸念が高く、安全性に対しての不安も高くなります。
車が新しい場合、車両構造や安全性が最も高いと考えられるため、割引が適用されます。
中古車の場合、年式や使用度により劣化が考えられ、安全装置の劣化も考えられるため、新車か中古車であるかによって料率が区別されることがあります。

当該車両を運転する人の年齢によっても区分があり、運転者の年齢が若ければ料金が高くなります。