料率区分とは?

| 未分類 |

自動車運転をする場合に自賠責保険(強制保険)の加入が義務となっています。
一方、任意保険はあくまでも任意ですが、自動車を所有する人のほとんどが加入しています。
交通事故を起こした場合に一番の問題となるのは賠償です。
過失割合により、事故の度合いが決められ、自動車運転者の賠償責任が問われ、相手に対してこれを補償します。
とくに、交通弱者と言われる歩行者や自転車を運転する人などに対して交通事故を引き起こした場合、これに対しての賠償の責任があります。
ただ、自賠責保険の場合、最低限に設定された額であるため、大きな事故で人命にかかわるような場合、これを自賠責保険だけで補償することが出来ないため、任意保険への加入が義務に近いと言えます。
任意保険は民間の保険会社に月掛や年払いで加入する保険で、年齢や加入年数で等級が決められ、加入年数が長ければ保険料が安く、運転者の年齢が若いほど掛け金が高くなります。
保険料には料率区分というものがあり、型式別に事故率の高い車種の保険料が高いということがあります。
例えば、スポーツカーなどでは事故を起こしている実績が高い場合保険料が高いという区分けで、保険会社によりこの両立区分が型式ごとに設定されています。