普通乗用車と軽自動車の区分しかなく、一律統一された保険料の通称強制保険、略称自賠責、正式名自動車損害賠償責任保険と違い、通称任意保険といわれる対人賠償や対物賠償、搭乗者傷害などがセットになった自動車保険、あるいは車両保険では、保険料を決める要素には、乗っている車の車種や運転契約者の運転歴、事故歴など様々な要素が組み合わさります。
その中で、比較的大きな要素なのが車種型式で、これを型式別料率クラスと呼んでいます。
段階は9段階あり、1が最も保険料が安く、9が最も高くなるというものです。
料率が1つ変わると2割増しになっていく仕組みですから、1と9とでは2.8倍も保険料が違うことになります。
任意保険の場合、ある車種でセットされるすべての保険が同じ料率というわけではなく、対物はいくつ、対人はいくつというように細かく設定されます。
料率は固定という決まりはなく、保険会社の上部団体で金融庁、ようするに大蔵配下の独法により毎年更新されます。
独法の定義としては前年のその車種の事故率、登録台数、部品の流通具合などにより決まるとしています。
低事故率で多くの登録台数があり、部品が簡単に安価に入手できるというのが最低料率1の条件です。
一般的に口コミなどでは高級車、特にスポーツ車は頭ごなしに事故率が高いから料率が高いという見方が多いようですが、それは昔の話で、某国の圧力もあり、こうした偏見はなく、定義の下で厳選に決定されているのです。
特に街行く車がエコカーとミニバンだらけの昨今、サンプル登録台数もなく、事故件数ゼロのスポーツ車もあり、部品流通の観点のみの減点で料率が5とか6というのもあるぐらいです。